インストラクターのブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~近藤アヤ子のオフィシャルブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 身体について > 姿勢について

姿勢についてのアーカイブ

舞台を観てきました

  • 2014-05-05(月)17:28
  • 更新日:2014-05-05 17:28

ゴールデンウィークといってもこの業界はあまり関係なく過ごすのが通例ですが、

今年は

ピラティスを通してご縁があり、演劇に造詣の深い方からお誘いをうけ

ふじのくに ⇔せかい演劇祭2014

マネキンに恋して -Showroomdummies#3

観てきました

フランス ロレーヌ国立バレエ団製作 すばらしいダンサーが踊りまくる・・わけではないこの作品

お誘いくださった方いわく、この状況は人間の動きとしてはいかがなものか・・

自分の究極の欲望を突き詰めると生身の人間には恋ができない。

マネキンに翻弄されてしまう悲しい男性の話でした。う~ん

ハイヒールが主役のように感じるこの舞台

高~いハイヒールに不自然な(人形だから)動きとダンス

関節をできるだけ使わないようにしているとか

本物の人形と区別がつきにくいほど静止したまま・・

常に動いていることで整合性を保つ人間の体

ということは

その動きを強靭な筋肉で止めている

後半、男性までハイヒールを履きましたが

すばらしい肉体を持つバレーダンサーの体をもっても 男性はハイヒールで美しく歩くことはやはり難しいみたいです(演出かな?)

以前お会いしたニューハーフの方を思い出しました

やっぱりハイヒールって女性を美しく見せるものなのかしら・・

ハイヒールで美しく立ち歩くには

私の場合、足指をしっかり開き拇指球に体重を乗せるようにします。

久しぶりにハイヒールで出かけたこの日。

いいトレーニングになりました・・

きっとほかの観客の方はもっと哲学的な見方をしていたと思います。

不純(?)な見方の私、申し訳ないです。

とてもいい刺激を受けた休日でした

お誘いありがとうございました

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ピラティスとダイエット

  • 2014-04-28(月)19:50
  • 更新日:2014-04-28 19:50

痩せたいからピラティスをやりたい」とご相談をうけることが(多く)あります。

「痩せたい」と一言で言っても・・

肥満度が高い方はやはり、ある程度の食事制限と運動量が必要です。

同じ「痩せたい」でも

ポッコリ出たお腹を凹ましたい

下半身太りが気になる

ピラティスはこういう方へのアプローチが得意です。

そういった方はやはり姿勢や体の使い方の癖により部分的に気になる体になります。

私もかつてジーンズはウエストがゆるゆるでも腿のサイズで買う派でした

痩せたから?いえいえ高校生から体重は変わっていません(プチ自慢!?)

ピラティスをやって体の使い方が変わり体型も変わりました

つま先が外に開いて歩いていた足もいつしかまっすぐでるようになっていました

ピラティスは「痩せたい」から一歩先

心配なのは肥満度が高い方が「痩せる」ために負担のかかる使い方のまま運動をして膝や腰を痛めてまた逆もどりをしてしまうこと

確実にダイエットを成功させるためにピラティスで体の使い方を変えましょうぅぅぅ

まんまる犬猫病院の先生!私たちもダイエットがんばってますよ~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ロングドライブ症候群

  • 2013-08-07(水)23:12
  • 更新日:2013-08-07 23:12

今朝 テレビ番組でやっていたのをちらっと見て気になったので・・

ちょうど帰省や旅行で車を長時間運転する方も多いでしょう。

(私は今のところどこにも行く予定がありませんが

エコノミー症候群改めロングフライト症候群(ビジネスクラスでもなるかららしい)とどう違うのかしら

ロングドライブ症候群はロングフライト症候群と同じとする考え方と他に

首凝りからそこを通る副交感神経が不調となり、それが体全体に症状を起こす(めまい・頭痛・血圧不安定などなど・・血栓ができてというより自律神経失調症みたい・・)とする考え方があるようです。

いつも同じ姿勢でいる人例えば長時間のスマホやパソコンでも同じリスクがあるそうで

いつ起きてもおかしくない状態で長時間のドライブは症状を起こす引き金になるといいます。

そのためにお勧めしている体操は

頭の後ろで手を組みそのまま頭を後ろに数十秒間倒すストレッチだそうです。

ん!?でも待てよ

パソコンをしている姿勢は 肩を丸め猫背気味で画面を見るためにアゴをあげていないかしら

だとすると反対に頭は前に倒すべきでは?と思います。

とにかく首の不調はいやなもの

よかったらストレッチお試しください。

スマホ使用などで下を向いている時間の長い方におすすめだそうです。

上向き~

パソコン使用の長い方は私はこちらをおすすめします。

下向き~

円背(猫背)とピラティス

  • 2013-07-12(金)21:35
  • 更新日:2013-07-12 21:35

姿勢を直したいという方で円背(猫背)されている方、少なくありません。

特にご高齢の方。腰痛をおこしている場合もあります。

円背している方にご自分で思う「いい姿勢」をとっていただくと

腰の辺りに痛み・疲労を感じる方

左右肩甲骨の間に痛み・疲労を感じる方 がいます。

胸郭の下部(肋骨の下の方)は横に広がる動きをします。

腹筋群が緊張をしすぎていると横に広がることが出来にくいとされています。

すると下部の肋骨は上に上がっていきます。

その動きは腰椎の前湾(前カーブ)を増強します。

で、腰が痛くなります。

さらに上部の胸郭の動きの制限が加わると肩甲骨の内転(背骨側によせる動き)だけになってしまいます。

で、肩甲骨の間に痛みを感じます。

そういう状態で「呼吸して!エロンゲーション!コア!」なんていうのはたぶん無理です。

なので特に円背の方はBefore Pilatesを大切にしています。

「ピラティスは辛い無理なことさせる」って言われないように密かな?努力です

犬の散歩で出会ったネコ シュッとしていてかっこよく感じました。

猫背なんて失礼かな~と思いましたね~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

椎間板ヘルニアとピラティス

  • 2013-07-05(金)22:52
  • 更新日:2013-07-05 22:52

レッスンやパーソナルセッションで腰痛のご相談をうけることがありますが

その中で腰椎の椎間板ヘルニアだと言う方は少なくありません。

椎間板ヘルニアの方の動きの禁忌は基本「屈曲」

でも椎間板は四方八方とび出ます。

何番と何番の間の椎間板なのかはわかっている方はいますが、どちら方向にでているかまで把握している方は今のところいません。

私はそういう時は姿勢や動きに注目します。

腰椎は前湾と言って前側(おへそ方向)にカーブしています。

いわゆる出っ尻、ビールっ腹のような方はそのカーブが大きくなっていることが多々あります。

その場合は前に出ている可能性を疑い腰を反る姿勢・動作は避けます。

腰がまっすぐでストンとしている方、後ろに出ている可能性を疑い腰を丸くする姿勢・動作はさけます。

側湾している方はサイドに出ている可能性を疑います。

もちろん単独でない場合もあるし、人間は3Dなのであくまでも目安です。

そして何よりも一番大切なのはピラティスでいう(Axle Elongation)軸の伸張です。

私は「背骨の間を開ける」と表現することがあります。

いい姿勢とは

重力に立ち向かい一つ一つの背骨の間がしっかり空いてキープできている状態のことと思います。

特に腰痛をお持ちの方には難しいけれど大切なこと。

痛いなく快適に日常を過ごしていただきたい

そして私の緊急課題お肌のたるみも重力に立ち向かわせたい・・

ちなみに動物にも椎間板ヘルニアがありまして、特にミニチュアダックスは注意が必要な犬種だそうです。

うちの犬はいつもこれ以上太らないようにと獣医さんで注意されます・・

食っちゃ寝食っちゃ寝サイコ~

ホーム > 身体について > 姿勢について

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る