インストラクターのブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~近藤アヤ子のオフィシャルブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2012年9月のアーカイブ

2012年9月のアーカイブ

腰痛の方のためのピラティス

  • 2012-09-30(日)18:06
  • 更新日:2012-11-19 15:06

先日「腰痛の方のためにピラティスでできること」第2回目をスポーツクラブのイベント企画(セミパーソナル)でおこないました。

腰痛の原因はさまざまですし、どうしてその腰痛になってしまったのか理由もそれぞれあります。

ただ大抵、「様子をみましょう。」「上手く付き合っていきましょう。」と言われたり「腹筋背筋をつけましょう。」「姿勢よく意識して。」とも言われるようです。

「結局、手術しなければ治らないんでしょう。」とご本人たちもいいます。

私はたとえ関節の変形、椎間板がでてしまったり、何かの原因で脊椎管狭窄症になってしまったとしても、痛みなく気持ちよく日々をすごせればよいのではと思います。

問題が筋・筋膜にしろ、脊柱にしろ、椎間板にしろ重力に負けない体をつくればいいのです

それが 軸の伸張 (体の中心線を上下に引き伸ばすこと

良い姿勢といわれると大抵の方が、胸を張り、腰を反り、アゴをあげてしまいます。

これでは、前面は確かに伸びているようですが、その分背面は縮んで(つぶれて)しまいます

セミパーソナルでは まず骨盤をニュートラルに、コアが使い易い状態にして

仰向き、うつぶせ、横向き、座位(側屈)それぞれにて軸の伸張にチャレンジしていただきました。

横向きでの軸の伸張の一例(サービスショット

体が気持ちよく伸びていく、どこか一部だけが疲れる(使われる)のではなく、体全体を使う感覚を感じていただけたようです

実はこれでしっかりコアが使われているのです。

ピラティスは体幹トレーニング、腹筋を鍛えるトレーニングと考えている方もいます。

私は必要な時必要な分だけ使える体にすることが大事なのではないかと思います。

なのでグループレッスンでは「お腹をしめて!」と言う事はあまりありません。(腹筋を使うつもりで来ている方は拍子抜けするようですがそういう理由なので悪しからず

ぎゃ逆位での軸の伸張の一例です・・・(サービスショット2

ご参加いただきました皆さまの腰痛がよくなりますように・・・

自分の身体は自分で変えることができます

がんばってくださ~い

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ピラティス イベントにて

  • 2012-09-29(土)11:31
  • 更新日:2012-11-22 09:48

スポーツクラブ ビックエス清水 にて「ボールde ピラティス」と題しましたイベントをおこないました。

題名通りバランスボールを使ったピラティスです。

このイベントの注意事項は「出来なくても、泣かない、すねない、怒らない」です

Bridging(ブリッジンング)も左右の差があればぐらついて、teaser(ティーザー)などはボールがアシストになる方、邪魔になる方・・・

普段のマットピラティスと違い、さまざまなフィードバックのある中、感じていただけたことも多いと思います。

果敢にチャレンジしてくださった皆さま
ちゃんとお顔が写っていますでしょうか・・・

ちなみに前週は「ポールdeピラティス」と題しまして、ストレッチポール(フォームローラー)を使ったピラティスのイベントをしました。
気持ちいいストレッチもご紹介いたしましたが、ポールの上でお笑いの「アホの坂田」さん歩きなどもしていただきました~

イベントの様子をご紹介できずにすみません

お詫びに私のサービスショットで・・・


おなじみのQuadruped(クアドロペッド)の変形 Jackknife Plank とも呼ばれているようです

CrissCross(クリスクロス) もポールの上ではちょ~難しいです

皆さまイベント楽しんでいただけましたでしょうか

私は楽しかったで~す

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ぎっくり腰の話

  • 2012-09-21(金)23:07
  • 更新日:2012-11-19 15:06

腰痛の方のためにピラティスでできること」とスポーツクラブのイベント企画(セミパーソナル)でおこなっています。

ぎっくり腰を患って今は痛みはない、でも体がすっきりしない・・・そんなお話を聞きました。

ぎっくり腰は「急性腰痛症」の俗称で、まだまだ研究の必要な分野と言われています。

一般的には、何か急激な動きや衝撃により引き起こされる腰の筋肉の痙攣とそれに伴う組織の炎症が原因と言われています。筋、筋膜性だけでなく、中には仙腸関節性、椎間板ヘルニア、椎間関節捻挫、棘間棘上靭帯損傷、原因を特定できないもの(ストレス?)もあるそうです。聞いただけで痛い・・・

発達した筋肉が過剰に反応 必要な筋力の不足 血流が悪く固くなった筋肉
姿勢不良による緊張・・・

原因は人それぞれですが、痛みはだんだん和らぎ10日から数ヶ月でおさまるといいます。
のどもと過ぎれば熱さを忘れます・・・ぎっくり腰は痙攣した後、腰の筋肉が固まっている場合が多いそうです。痛みがなくなっても固まったままの緊張状態、そしてまたささいなことで反応しまた痙攣をおこす。それが「ぎっくり腰は癖になる」といわれる所以です。

いずれにしても固まっている筋力をほぐしたり筋肉のアンバランスは針灸、整体などで治してもらう方法は有効だと思います。

が、私としてはやはり、どうして固まってしまうのか、バランスが崩れてしまうのかということが気になります。

姿勢からくるのか、動きの癖なのか、なぜその動きをするのか。

痛みがとれた次の段階として、また痛みを繰り返さないためにそれを見つけ出し身体を整えていくこと。動きを変えていくこと。それが必要だと思います。

自分の身体は自分で変えられる

姿勢を動きを変えるピラティスで痛みのないすっきりした気持ちのいい体になりましょう

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホームパーティー

  • 2012-09-16(日)15:40
  • 更新日:2012-11-22 09:48

みよちゃん(写真、中央)のホームパーティーにお邪魔しました

フィットネスを通じた素敵な出会い

まあよく飲むよく食べるよくしゃべる
(特に写真の左から二番目のますみちゃん

最後の〆はなぜか、ひでちゃん(写真、一番右)の始めた腕相撲大会でした。

一番の勝者は体育教師 ではなく家庭科の先生のいくちゃんでした(写真、一番左)

一番のへたれはなんと現役イントラの私
かわゆいかよちゃん(写真、右から二番目)にも完敗・・・
ちょっとくやしい・・・

楽しい楽しいひととき、遅くまでお邪魔しまして騒ぎましてご家族、ご近所のみなさま申し訳ありませんでした。

みよちゃんの愛犬の天ちゃん夜遅くまでごめんね

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ママのためのヨガ&ピラティス

  • 2012-09-13(木)12:54
  • 更新日:2012-11-19 15:07

夏の間はお休みをいただいておりましたママのためのヨガ&ピラティスが始まりました~

かわゆいかわゆいベビーちゃんを前に顔がほころびっぱなしです

前回より引き続き来ていただいている方もいて久々の再会です。

寝ているだけだったお子さんがもうずり這いをしていたり、泣いてママからはなれなかったお子さんが自由に冒険したり・・・人の子は成長が早いといいますが実感です

参加されるママたちは運動不足の解消、お友達ができるかもなど目的はきっとそれぞれですね。

産後の大切なケアとして骨盤底筋群の引き締めをいわれますが、腹直筋離開、ホルモンによる関節のゆるみ、(子育て)姿勢など女性特有の問題、腰痛についてもお話していけたらいいなと思っています。

とりあえず第1回目の今日は私の腹直筋を(無理矢理)さわっていただきご自分のお腹を確認していただきました。指2本が離開の目安です。
私は遠~い昔のことで知らない間に無事戻っておりました。ほとんどの方が自然に戻るといわれてますが、、、
先日、Kathy Corey(キャシー コリー)氏のWSにてアメリカで、正しくない腹筋運動により男性にも腹直筋離開の症例があるとお話しを聞きました。う~ん・・・ご自分の腹筋運動は腰でがんばっていないか確認しましょう。
なぜ離開がいけないかというと・・・離開部分の薄くなった腹壁を内臓が破りでてしまい、内臓がいつもの場所にないぞう・・・ということになります

ちなみに
このクラスは 全10回で本日9/13から11/15まで毎週木曜の9時30分~10時20分です。
期間の途中からのご参加も受け付けております。
短期のため、会員外の方も受けていただけます。
対象は1歳未満のお子さんをもつママです。

詳しくはフィズナカダHPにて http://www.nakada-ss.jp/

何か心配なことがあったりしっかりケアしたいという方、こちら「ピラティス日和」のブログの問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2012年9月のアーカイブ

カレンダー
« 2012 年 9月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る