インストラクターのブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~近藤アヤ子のオフィシャルブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年7月のアーカイブ

2013年7月のアーカイブ

形へのこだわり

  • 2013-07-31(水)21:55
  • 更新日:2013-08-01 09:53

先日、とあるスタジオのグループレッスンの後

「このポーズの足の角度は何度ですか?」とご質問をうけました。

一応目安となる角度はないことはないのですが・・

ヨガにしてもピラティスにしてもいろいろな考え方のものがあります。

形(ポーズ)が正しくできて初めて体と心にインパクトがある。だから補助的な道具をつかっても形にこだわる。

行う順番にこだわる。毎回同じ順番で行うのでその時の体と心の状態に気づけると考える。

私は

ヨガでもピラティスでもまず自分が主体であっていただきたいと思います。

このポーズ・エクササイズではここが伸びている、ここを使っている感じがする、と自分で感じていただきたい。

それが痛みがあったり非常にいやな辛さだったりしたらそれは何かが違っている。

「自分に何が起きているのか」体の声を聞いていただきたい。

その気づきが体に良い変化をくれるものと思います。

だからグループレッスンでは他の方と形が違ってもよい。今どこをどう感じているのかが大事なのです。

骨格、筋肉のつき方、仕事、性別、年齢、スポーツ経験、ケガなどそれぞれ違うのだから同じ形、動きなどできると思わないほうがいい。(結果として同じような形になる)

きっとそれが気持ちのいい身体への第一歩

みんな違ってみんないい

って誰かが言ってましたか?うろ覚えでスミマセン

「私は絶対にこの角度にこだわるワ~」

少人数のピラティスなので

  • 2013-07-29(月)23:32
  • 更新日:2013-07-29 23:32

昨年4月からNatural Soma にてグループレッスンを始めてから1年

月に2~3回通っていただいている方々がいます。

みなさんピラティスは初めてでした。

自分のスタジオであることをいいことに(?)

とにかく細かく丁寧に時にマニアックにお伝えしてきました。

腰が痛い膝が痛いと言っていた方、

肩が凝ると言っていた方、

姿勢にコンプレックスをもっていた方

最初の頃は「からだが伸びて気持ちがいいから」と来てくださっていたのですが

だんだん自分に体の変化に気がつかれたようです。

歩くとき足が軽く感じる

肩こりが減り肩の力が抜けるようになったなど本人の感想なにより

レッスンを通して変化を見て私こそ感激でした。

自分の良い方へ変化する

そのお手伝いができるようにがんばります

これが何のエクササイズかわかった方はすごい!!

(正解はダブルレックキックです)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

肩こりとピラティス

  • 2013-07-27(土)23:58
  • 更新日:2013-07-28 00:35

パーソナルのリクエストで腰痛と並び多いののが「肩こり」

はっきり痛みやコリを訴える方もいれば「よく肩こってるといわれるけど・・」という自覚症状を感じない方もいます。

そのままエクササイズを始めると肩回りに疲れやコリを訴えます。

肩こりは英語で「僧帽筋の筋肉痛(Trapezius Myalgia)」と呼ばれることがあるそうです。

そう 腕をひっぱりあげておこうとする僧帽筋や肩甲挙筋はいつも緊張しがちです。

そういう状況でエクササイズを進めていっても二つの筋肉はなかなか休むことができません。

状況により(というかできるだけ)まずは緊張をとることから始めていきます。

マッサージは他に専門家の方がいるのでおまかせして

イメージや呼吸、簡単な動きを通して緊張をできるだけ解いていきます。

僧帽筋は精神の状態の影響を受け易いところストレスが一番悪い。

そんな状況の方に「リラックスして」というのはとても難しいです。

できるだけ本人に「リラックスをする」緊張を与えないようにします。

二つの筋肉の緊張が解け初めて新しい肩こりのリスクの少ない動きができるようになります。

またいわゆる「ハラ」に力が入らない状態ですと肩に力をいれなければならない状況も生まれてきます。

セッションでは両方からアプローチしていきます。

私自身は小さい人間ですからストレスがないとは言えないし、ストレス解消の仕方を教えていただきたいくらいです。

ストレスをためないような提案はできません

その代わりといってはなんですが テニスボール等を使用した簡単なマッサージをこっそり(?)お土産としてお持ち帰りいただきます

気持ちのよい体のために

リラ~ックス~

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

パーソナルセッションを受けました

  • 2013-07-24(水)23:30
  • 更新日:2013-07-24 23:30

POLESTAR PILATESのエデュケーター(指導者を指導する・養成コースなども担当する立場)アンドリュー氏のパーソナルセッションを受けました

前日までなんともなかったのになぜか当日左膝の裏と右腰背部に痛みが・・

よし!これを見てもらおう!なんと都合のよい体

痛みとともに私の苦手な伸展を何とかならないものかとセッションの希望をだしました。

来日してきっとずっと忙しかったのではないでしょうか。その日も午後からずっとセッションしていたと思います。

実は通訳がついていなくて(間際に知りました)英語の話せない私をきっともどかしく思ったと思います。

でも簡単な聞き取り易い英語でゆっくりと話してくれました。

タクタイル(タッチキュー)も分かりやすい。

もちろん私の問題点も解決してくれました。

こういう立場の方はやはり人格もすばらしいのだな~

先はながいけれどこういう方に近づきたいですな。

セッションの際、まず動きを見ての判断、そして必要であればピラティスエクササイズの前に必要なこと(Before Pilates)をする。それが大切だということも再確認しました。

よし!がんばるぞ~

なぜChairの上にいるかというと・・身長の差でカメラにおさまらないからでぇす

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

初のNoism 1

  • 2013-07-21(日)00:20
  • 更新日:2013-07-21 00:20

拝見しました!

Nusm1 ZAZA ~祈りと欲望の間に

何と言っていいか・・久々に鳥肌が立ちました。

息使い、流れる汗、震える筋肉よくよ~く見えるすぐ目の前の最前列

明日は筋肉痛だろうな~と言うくらいの拍手を送りました

彫刻のように鍛えられた筋肉。でもしなやか。感動。

その筋肉でも後ろ向きで男女の区別がはっきり分かる。感動。

見せるようではなくまさに使うための筋肉。感動。

表現するため体をぎりぎりまで酷使するための日々の努力の賜物なのでしょう。

今日、感動をくださった舞踏家のみなさんが体を壊すことなく、長く楽しみ続けられることを祈ります。

そしてそっと うろ覚えの動きを真似してみる 出来るわけないっっ

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2013年7月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 7月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る