インストラクターのブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~近藤アヤ子のオフィシャルブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年8月のアーカイブ

2013年8月のアーカイブ

勉強時間

  • 2013-08-30(金)21:31
  • 更新日:2013-08-30 21:31

出ました!?久々の愚痴ですけど・・

今日も行って来ました東京へ!

クリパルヨガとNEW元気工房です

行ってきたよなんていうと「よく時間があるね」なんていわれます・・イヤミですかね・・

もちろん時間なんてありませんよ

レッスンを休むために代行をしてくださる方を探し(ご迷惑おかけいたします

家事も前の日にできることは全部やり 泊りがけの時は朝夕食を何日分か用意し

いなくても困らないように段取りをして・・正直、新幹線に乗る頃にはへとへとです

でも

ピラティスのコンプリの試験の時に試験官のダナ先生に

「たくさん勉強をしていいピラティスティチャーになりなさい。」

と、言われました。

私自身もこれはスタートラインに立たせていただいただけと。

もっともっと勉強しなければならないことがあると

セッションをさせていただくたびに思います。

幸いなことに学ばせていただく機会もたくさんあります。

今日は愚痴ですみません

クリパルヨガでできた貴重な体験。そして新しい元気工房で学ばせていただいたこと

また改めて書かせていただきます。

少しだけ贅沢(?)

新幹線にてスタバのソイラテとサンドイッチで勉強スイッチをいれます

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

内臓がないぞう!?

  • 2013-08-25(日)11:22
  • 更新日:2013-08-25 11:24

先日、グループセッションの後に具合が悪そうに胃の辺りを押さえている方がいました。

その日は気持ちよく伸展をしていただくための提案をしていました。

胸骨(胸の谷間の辺りにある固いところ)の上部にボール代わりに丸めたタオルをいれて胸椎の伸展をより引き出す動きをしていただきました。

タオルの位置が低くて(下で)ちょうど胃の辺りになってしまったのかしら・・と思いながら声をかけたところ

実はちょど指示した場所はその方の胃がある辺りでした。

その方は当時ふくよかで20㌔ほど落とすダイエットをがんばったそうです。

食事制限はもとより腹筋運動も鬼のように繰り返した(ご本人の談)そうです。

通常、胃は横隔膜より下に位置しています。急に痩せたということと激しい腹筋運動のためになんと胃が横隔膜の上に出てきてしまったそうです。

そして、椎間板や腸だけでなくヘルニアが横隔膜にもあることを知りました。(この場合がそれにあてはまるかはわかりませんが)

この場合は横隔膜にある食道のが通るための穴(食道裂孔)がゆるんでいるところに腹筋による圧力で押し出されてしまったかしら・・と想像しております。

余談ですが、筋肉や筋膜組織がつながりを持って体を安定させて動かすことが出来る力の連結(Forece couple)があります。

横隔膜は骨盤底筋群、多裂筋、腹腹横筋とのつながりがあります。

もしかしたら腹筋をする際にひと工夫すれば防げたのではないかと・・

ご本人は医者から「位置を戻すためには手術が必要で大変な時間と労力がいるよ。このままで上手に付き合いましょう。」と言われたそうです。

う~ん。人の体って本当に不思議

まだまだ勉強だなぁ・・

ちなみに

水色部分が肋軟骨でその下に横ぎっているオレンジ色のが横隔膜。

その下の茶色っぽいのが肝臓。

そのさらに下の肌色っぽいのが胃。

不器用なのでなかなか頸動(静)脈がいれられません・・実はこれは立体パズルです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ゆがむ骨盤!?

  • 2013-08-18(日)09:13
  • 更新日:2013-08-18 09:25

先日、パーソナルセッションの際に仰向けで「右側の骨盤の方がついている」と言われました。

そこでちょこっとマニアックな骨盤の話~

骨盤は3つの部分(腸骨・座骨・恥骨)から成り立っていて生まれてからそれが1つの骨(寛骨)となります。

(1つの骨となる時期については10歳とも23~25歳とも言われておりますなんだかな~)

その骨盤はよく「ゆがむ」と表現されますが・・

一般的に骨盤と呼ばれるなかに仙骨・尾骨が含まれています。

仙骨は寛骨(左右腸骨部)に挟まれるようにあります。

尾骨は仙骨の下にまさに尻尾のようについています。

腸骨は腰に手を置いた時(前に習えで一番先頭の人がやるやつです!)に感じる骨です。

それを背中側にたどっていくとグリグリしたもの(上後腸骨棘・PSIS)を感じます。

その脊柱寄りに仙骨がありグリグリとの間に仙腸関節があります。

この関節で仙骨はお辞儀をするようなうなづく動きや横に回旋するような動きをします。

(ほんのちょびっとの動きですが)

そこが何かが原因で起きた左右の非対称が「ゆがみ」と言われているようです。

で話を元にもどすとこの方のは右の寛骨が後傾、左は前傾していました。

これは下肢・臀部からの問題のようでした。

この日のセッションのご要望は「肩甲骨から腰にかけてを気持ちよくのばしたい」

ということでしたので、ピラティスのセッションの前に、まずこのアライメントをできる限り整えることろからはじめました。

整えた時、ご本人いわく「今までで一番背中が床についている」

(小さくガッツポーズをする私

そしてセッションの終わりには「仙骨のあたりのチャクラが開いた感じ」と表現していただきました

気持ちのよい体つくりのお手伝いをさせていただけたようでよかったです

これは腰椎と胸椎 右仙腸関節と恥骨結合 を離したところ。

こう見ると骨盤って上体と下肢をつなげる重要なポイントだと改めて愛しく感じます

何しやがる~(by ブロー君)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Ah~ 夏休みぃ~

  • 2013-08-14(水)22:08
  • 更新日:2013-08-14 22:08

みなさま楽しいお盆休みをお過ごしでしょうか

私は数件のスタジオ・スポーツクラブにお邪魔しておりまして、

その施設ごとにお休みが異なります。

自分で休みを申請しなければ一日休みということはありません。

(特に必要もないので特に休みはとりませんでした)

しかし一日休みはなくてもいつもより時間余裕ができましたので

普段はめったに行かないウィンドショッピングなどしてみました。

久々のお街で心うきうき

見てるだけではなくやはり買ってしまいました・・

るんるん気分もつかの間・・気がついてしまいました。

私、普段ウェアしか着ないじゃ~ん

悔しいので(?)カフェで一休みしながら周りの人の姿勢観察をして帰りましたよ

Side Kick !

  • 2013-08-12(月)19:38
  • 更新日:2013-08-12 19:38

あるスタジオで Side Kick(kneeling) というエクササイズを行いました。

ちょうどその数日前の(他のインストラクター)のクラスでも行ったそうで

「お尻が痛い、足が90度前に曲がらない」とブーイング!?

(私は90度まで前に出すように言ってはいないけど・・)

90度まで足がでないのは、

「足の前と後ろの筋肉の長さが同じでないといかない。

で、お腹の力もないとだめ」と説明をされたそうです。

そうですね。それもありだと思います。

例えば筋肉トレニーングを目的としたピラティスならそれもありだと思います。

お尻が引き締まる。お腹が引き締まる。確かに使った感じもするし分かりやすい。

その日、私は Side Kick をクラスの後半、終わり頃にいれました。

それはSide Kick をシェイプアップとしてではなく

姿勢をよくする。重力に立ち向かい腰痛などのリスクを少なくする体つくりのために行いたかったのです。

クラスの前半、中間では外転筋外旋筋をゆるめ、内転筋を使える状態をつくり、お腹と足のつながりを感じ、肩周りを整え・・etc.

そして いよいよ Side Kick へ!

そこで感じていただきたかったのはお尻や外転筋の疲れ使用感ではなく

軸が伸びることで感じる必要分のお腹の力と、一箇所に集中せず、楽に身体が使えること。

あ~なんてマニアック

そこではその感想をいただけなかったので 私の負けです

でもいつか筋トレで鍛えた満足感の気持ちよさではなく

身体が動きやすい楽になったピラティスって気持ちがいいっ

と言っていただけるようにがんばろう

問題(?)の Side Kick(kneeling) です。上がっている足を前後にキックするように動かします。

ホーム > アーカイブ > 2013年8月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 8月 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る