インストラクターのブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~近藤アヤ子のオフィシャルブログ
ピラティス日和~気持ちのいい身体~トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2013年9月のアーカイブ

2013年9月のアーカイブ

腰痛・セッション

  • 2013-09-29(日)21:43
  • 更新日:2013-09-29 21:43

腰痛がひどく医者でレントゲンを撮っても問題があるようではなく(MRI)を撮る必要もないだろうと言われ、腰痛の原因がわからないまま

結局、週に1度、整体に行き痛さを紛らせてきた。

続けてきたピラティスのグループレッスン(Natural Somaではありません)も痛みで参加する気にならずお休みしている。

という方のパーソナルをさせていただきました。

原因が特定できていない腰痛の方のセッションです。

痛みを誘発する動きをピックアップし

姿勢を観察して・・その原因を推測しました。

セッションの基本は「NO PAIN(痛みなく)」で行うこと。

何をしたのかは企業秘密ということでなんちゃって

セッション後、「腰が軽くなった。痛くない。」

の言葉に小さくガッツポーズ

「腰痛・骨盤痛のためのコアセラピー」の勉強と「元気工房」で学ばせていただいたことがとても役立ちました(本当に感謝感謝です)

この方も自分の体を自分で治していくことが出来ること、そしてその重要性に気がついていただけたようです。

骨盤の歪みが気になる、足もとてもむくんでしまう。骨盤が歪んでいるせいだ。と、言っていましたが、それも腰痛とともに消えていくことと思います。

しかし人の体はそんなに簡単じゃない。

今回は私の推測がたまたま当たり良い結果がでただけ。

気を引き締めてがんばろうと・・バッサリ髪を切っての決意。

来週からこの道(どの道でしょう!?)を深めるためフランクリンメゾットのコースを約1年かけ学びます。

気を引き締めてがんばろうと・・バッサリ髪を切っての決意。

20cmくらい切ったかな。でも家族は数時間気がつきませんでしたぁ

肩に乗っているのは新参者の「あずき」です。

今では先輩犬「もなか」より大きな顔をしています

椎間板ヘルニアとピラティス

  • 2013-09-22(日)15:34
  • 更新日:2013-09-22 15:34

先日、二日間に渡り理学療法士でもあり国際的なピラティスの指導者でもあるDav Cohen氏 のワークショップを受けました。

二日目の椎間板障害とピラティスについてのWSでの

「MRIで椎間板に傷害があると発見されても実は痛みのないということがある。」私にとってはショッキングでした

椎間板に傷害があって腰痛があっても実はその腰痛は椎間板が問題でない可能性もある。

椎間板障害があっても腰痛の原因が椎間板でない可能性もある。ってことですね

そういう方は手術をしても痛みがなくなるわけがな~い。

椎間板に傷害がおこる場合、事故などで強い衝撃があっておこる場合ももちろんあるけれど

姿勢であったりその動作(体の使い方)によることのほうが多いでしょうか。

姿勢が悪い(胸椎過度の後湾)ままゴルフのスイングをすれば当然リスクは高くなり

股関節や胸郭の動きが少ないままダンス、スポーツ、体を動かせばをすればリスクが高くなる。

また椎間板が問題であって手術により痛みの部分を取り除いても、

今までの動きや姿勢をかえなければ

またそこの部分もしくはその上下の椎間に負担がかかりまた同じことを繰り返す。

椎間板が傷害を起こす理由をさぐりなくさなければ問題は解決しない。

そういう方こそピラティスで姿勢・体の使い方を整えることが必要ですね

腰痛の原因はさまざま

一日目の骨盤底筋に関してももちろんそれにかかわってきます。

お会いした方が1分でも早く痛みから解放されるようにこれからも学び続けなければ

チャーミングで素敵なDav先生

アレグロ・リフォーマークラス(上級者むけのキツイやつ)2時間×2クラスも受けることがました。

後半は生まれたての小鹿みたいになりました。翌日は筋肉痛。

たのしかった~

手 (Arm Line)

  • 2013-09-15(日)10:04
  • 更新日:2013-09-15 10:04

「私っぽいから」といただきました。

の形をしたハンドソープ なぜ

見ていたらなんだかかわいらしいく思えてきました。

Natural Somaに飾らしていただきます

手・・といえば クライアントさんにピアノの先生がいるのですが本当にきれいな手をしています。

そうそう 9月21日に静岡駅となり「AOI」にて行われる 中山千尋さんのJAZZ LIVE に行ってきます。

恥ずかしながら JAZZ LIVE も初めて 中山千尋さんも初めてです。

実は「この方の背筋がすごいから見に行こう」とお誘いいただきまして・・

以前、テレビのインタビューで

ある俳優がピアニストの役のためにピアノの猛特訓をしたそうです。

その時に背中が筋肉痛になったと話していました。

人間には切り離せない体のつながりがあり 腕に関しては

深部・浅部・前側・後ろ側にそれぞれArm Line(AL)つながりがあります。

姿勢や肩こり・首こりにも関係してくる大事なつながりです。

まだまだ勉強中ですがなんとかLIVEまでには少しは理解しておきたいです。

JAZZを聴きにいくのではなく「背中」を拝見しに行くなんて・・

まさにハンドソープ!と勉強中の本です

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ピラティスの為のヨガ 

  • 2013-09-08(日)10:53
  • 更新日:2013-09-08 10:53

昨日(9/7)下北沢にありますクリパルヨガのワークショップを受けました

(興味がある方はwww.kripalu.jp/kyoga/)

講師のPriti Robyn Rossさんは30年クリパルをやっていると紹介されましたが・・若々しくキュートで・・いったい何歳なの?と思ってしまいました。

(本人は5歳からやってるのよなんてウィンクしていましたが

慈愛のヨガと言われるように日常が洗い流されるような・・腹黒い私でもクラスの終わりには自然に涙があふれてきました(歳で涙腺が緩んでるともいわれます

以前、私はヨガがあまり好きではありませんでした。

スピリチュアルな世界観で「不思議ちゃん」的な世界。「なんで?どうしてそうなるの?」と思ってしまう性悪な私にはどうも向かないな~と

しかし、不思議なことは置いておいて考えてみると

人は「骨格・筋肉・神経・臓器・・」といった構造でできている。

でもその中にには「心・精神・魂」といったものがあり成り立っている。

ピラティスのセッションをしているとどうしても「肉体」の方ばかりに目がいってしまいます。

姿勢がその方の精神の状態を表すように

例えば肩こりや頭痛腹痛が精神的なストレスによるものだったり

「心(精神)と体は結びついているもの」と

思い出させてくれるのがヨガです。

またヨガの「俯瞰でものを見る」こともセッションには必要となってきます。

問題がある箇所(痛み・不具合)をいろいろな観点からみることができるようになります。

ああヨガって本当に生活の一部ですね

もちろん夜の部は「元気工房」

眞二先生の熱~いセッションを受けました。

実は痛みはないのですが、ここ2~3日膝に違和感を感じていました。

で!今回は「膝」がテーマ

「膝蓋軟骨軟化症」についてレクチャーをしていただきました。

このことについてはまだまだ自分で深めなくてはと思っています。

普段は調子が良いのになぜかセッションに伺う直前に不具合がでる。

いつもいろいろなことを学ばせてくれるじぶんの体に感謝

そしてどんなおバカな質問にも丁寧に答え教えてくださる眞二先生に感謝

そしてヨガに感謝(合掌)

膝蓋骨関節面の説明をしているお茶目な眞二先生です

本当はすごい先生なのに・・こういうところも全て尊敬していま~

分かり易い上手なイラスト?にいつも感動しています。

ホーム > アーカイブ > 2013年9月のアーカイブ

カレンダー
« 2013 年 9月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る